ほくろ除去の美容皮膚科比較サイト  >  ほくろ除去の豆知識

ほくろ除去の豆知識

このカテゴリでは、現在主流になっているほくろ除去の方法や、取り除いたあとのケアといった知識を紹介しています。

そもそも「ほくろ」とは何なのか

私たちをこんなに悩ませる「ほくろ」って、一体何なのでしょう。

医学用語では「色素細胞母班」と言い、簡単にいうとメラニンをため込んだ細胞の集まりなのだそう。ほくろは3歳から4歳くらいになると一気に増えるもので、生まれたときにはほとんどないとのことです。

紫外線から皮膚の組織を守るため、メラニン色素が表面に浮き出してきたのもの。それがほくろの正体です。これを除去するといっても「どんな方法があるのか」「どんな流れで手術をするのか」など気になることや不安がたくさん。これらを知ることは不安解消の第一歩です。

ウソ?ホント?ほくろの噂

“ほくろは触ると増える”といったことを耳にしますが、ほくろはメラニン色素をため込んだ細胞の集合体なので、触っても増えません。ただ、皮膚がんの一種であるメラノーマは「刺激をすると進行する」という特徴があります。とはいえ、触って増えるものでもないんですけどね。

また、「福毛」といわれ縁起がいいといわれています。そもそもなんでこんなところに…とお思いかもしれませんが、実は毛にとってほくろがあるところはとてもいい環境なんです。

ほくろを生成しているメラニン色素は、毛の成長を促す大きな要素。ほくろから生えてくる毛が濃く長かったりするのはそのせいなんです。

縁起が良くても見た目が気になる場合は毛だけ切るようにしましょう。ほくろはとってもデリケート。抜いたり剃ったりという刺激はNGです。