ほくろって何?

ここでは、ほくろについてのあれこれを紹介します。

ほくろを生理学的に分析

一般的にはほくろと呼ばれている皮膚にある黒っぽい部分。これは、漢字に当てはめると黒子とか黶という字になります。

生理学的には母斑とよばれるものの一種で、メラニン色素をもつメラノサイトという細胞がたくさん集まってできた皮膚の一部です。

メラノサイトは別名母斑細胞とも呼ばれ、実はこのメラノサイトの集まり方にも違いがあります。一層だけ集まった薄いものは黒子(こくし)、重なり合ってできていて膨らみのあるものを色素性母斑とか母斑細胞性母斑とよばれています。

中には皮膚の表面には出ていないけれども皮膚の深いところでメラノサイトが集まることもあります。この状態では外から見ると青っぽく見えるので青色母斑と呼ばれるそう。

正常なほくろは、比較的丸みを帯びていて、境界線もはっきりしています。

また、ほくろは徐々に体の表面を移動するともいわれています。小さい頃からの写真を見比べて、ほくろの位置が違うことに気付く人もいるはず。これは異常ではありませんので安心してくださいね。

昔からほくろは、チャーミングポイントとされることもありました。例えば目の下にあるほくろは泣きぼくろと言って、か弱い女性の代名詞のように使われていましたね。ほくろ占いなど、ほくろはその人の個性として考えられることも多いようです。

要注意のほくろ

ほくろのない人は少ないでしょう。一般的にはほくろは良性腫瘍のひとつとされています。でも、中には注意しなければいけないほくろもあります。

  • ほくろの境界線がはっきりせずぼんやりしている
  • 手のひらや指、足の裏や指、目の周り、鼻、上唇の周りにあるほくろが急速に大きくなり直径6㎜を超えてしまった
  • 出血する、膿が出る、形がいびつである
  • 少しずつ膨らみ表面がつるつると光っていたり青黒いもの
  • 表面がまだらになっているもの
  • 真ん中が窪んで周りは黒く膨らんでいる状態のもの

こういったほくろは、悪性の場合があります。気づいたら自己判断で触らずに、皮膚科などの専門医で検査をして悪性ではないかの診断をしてもらいましょう。メラノーマ(悪性黒色腫)など、はじめはアザかほくろのように見えていたものが実は悪性腫瘍だったというケースもあります。悪性の場合、早期発見早期治療が大変重要なポイントです。少しでも疑問に思ったら早めに受診することをおすすめします。